大学受験での推薦入試のしくみについて

大学受験には、一般入試と推薦入試があります。推薦入試は指定校制と公募制の2つがあります。指定校制は、大学側が特定の高校を指定して入試を行います。学業成績や部活の成績を評価して、高校内で選考をして選ばれた人が試験を受けます。指定校制の場合、合格率はほぼ100%と言われていて、指定校推薦が決まったらほぼその大学に行けるのは間違いありません。公募制には、一般と特別推薦があります。大学ごとの出願資格があって、それを満たした人が高校の校長から推薦された生徒が受験できます。評定平均値が~以上と決められていることが多いです。特別推薦はスポーツなど一芸に秀でた人が評価されて推薦されるものです。

推薦入試の場合、試験は学校によって様々ですが書類審査、小論文、面接が主です。学科試験が行われる学校は少ないです。ただし、国公立の大学で推薦入試が行われるところでは、センター試験を受験しなければならない学校もあるので、国公立で推薦入試を考えているなら受験科目を確認しておきましょう。
>>参考サイト:大学受験必勝法!

推薦入試は、一般入試の時期よりも早くに行われます。よって人より早く進路が決まります。自由な時間が増えますので卒業旅行の計画が立てられたり、学校が許可していれば教習所に通うことも可能です。しかし、推薦入試を希望するのであれば、高校1年生から3年生までの成績も影響しますので、勉強と部活は手抜きできません。推薦入試か一般入試かどちらにするかはよく考えて決めるようにしましょう。
>>参考サイト:失敗しない塾選び!